介護職の悩み

介護職がブラックと言われる理由を解説!!ブラックに陥る3つの原因

「うちってブラックだよね」

でも、それの理由ってしっかり考えたことってありますか?

なぜ、忙しすぎるのか?
なぜ、人間関係最悪なのか?

実はこれにも理由があるんです。

それは

3つの原因が悪循環を起こしているからです!!

私はブラック化していく施設に身を置き続けた結果、

分身の術を本気で検索するまでにぶっ壊れました。

この記事は近々あなたが壊れてしまう危険があることをお知らせするために書きました。

  • スタッフが次々辞めた
  • 1人の作業量が格段に増えた
  • 小さな事でもダメだしが増えた
  • 介護の仕事が嫌いになりそう
  • 相談できる人がいなく、孤独
  • 休みなのに気分が上向かない
  • 靴がすぐにボロボロになる

上記の状態が当てはまったら確実にぶっ壊れますので辞めましょう。

介護施設がブラックになる3つの原因

介護の仕事は忙しく、あれもこれもとなる場合が多いですよね?

しかし、普通の忙しさならスタッフ同士助け合いながら、仕事を進めることが出来ますが、

中には、忙しい理由が異常な場合があります。

それがこの3つ!!

ブラック化が止まらない3つの原因

次々に同僚が辞めていく。

次々に仕事の量が増えていく。

やった事に対してひとつひとつダメだしが多くなっていく。

この3つが最悪の悪循環を生み出す歯車になります。

あなたの施設、又は事業所はこれに当てはまっていませんか?

どれか1つが当てはまると、次の1つが始まるのは時間の問題です。

そうして、自分が辞めるタイミングや辞めるという選択肢を選ばなかった、思いつかなかった場合は、

確実に疲弊し、潰れますよ。

そうなる前に私の経験を読んで、

少しでも当てはまるのならあなたは転職した方が絶対にいいですよ。

退職者が多くなってきている

これがどうまずいかというと、

1人1人の作業量が格段に上がります。

今まで、1人で5人見ていたのが、

倍の10人になり、さらに倍の20人となっていきます。

すると、

あっちもこっちもカバーが必要となってきます。

入浴介助の補助をして、

レクリエーション活動も、

水分補給の為の飲み物を準備して、

さらに少し時間があれば(無いですが)記録等の書類作成もして、

時間交代なので、出勤してきた職員へ申し送りもし、

電話が鳴ればその対応も行う。

余裕は全くありません。

こうなると、さらに退職者が加速します。

辞めるという事を言い出せない人が

この穴を埋めるために、走り回ることになってしまいます。

施設長は言いませんか?

施設長
施設長
次の職員が来るまで、みんなで乗り切ろう。
求人も出してるし、ハローワークにも営業に行っている。
もう少しだから頑張ろう。

こういったことを何回聞きましたか?

それ、この前聞いたけど、また1人辞めたよね。

こうなっていませんか?

頑張って現場をまわすあなたを見て、

この人は辞めない人だ。

と思われていますよ。

だから、あてにされ始めます。

施設長
施設長
あなたには期待している。もし、困った事があれば相談してね。
あなたには現場を引っ張ってもらいたい。

我慢して現場をまわしていた人はこう思います。

私
あー、私が必要なんだ。私が辞めたらここは潰れてしまうかもしれない。

こう思う訳です。

間違ってますよ!!

簡単に潰れません。

簡単に潰れてしまうのはあなたの方です。

この時の私の精神はもうがたがたでした。

こうなると鬱を発症しかねないので、自分を守る為に辞めてしまいましょう。

仕事量が増える

ふわりめいり
ふわりめいり
あー、分身出来たらいいのになぁ。

ここまでなら思います。

しかし、
私の場合は…

冗談ではなく、本気で考えていました。

Googleで分身の術を調べましたからね…

そんな事を大真面目に考えてしまうほど精神状態は異常でした。

仕事を大きく分けると、

食事、排泄、入浴、レクリエーション活動、記録、送迎(受診、DS)電話対応

こんな感じでした。

これを見ると普通ですよね?

利用者様が20人だと、

1対5~7人でしょうか。

しかし、退職者が続出した後は

1対15~17人となっていました。

現場は
遅、早が1人ずつ、
看護師が1人、
そして、私。

でまわします。

1日の動き

朝、送迎

戻ってから、早が入浴介助へ(9時30分)
そこから遅番(11時)が出勤するまで1人

レクリエーション活動の為、全員離床

レク開始、体操の合間に水分補給の準備

レク後に水分補給、看護師に見守りをお願いし

入浴介助の補助

合間で臥床

排泄介助(ほぼおむつ交換)

昼食の為、離床

昼食介助、介助後臥床

休憩(ご飯ダッシュで食べて、記録)

午前と同じ流れ

夜勤者申し送り

DS送迎

記録、記録漏れ確認

残業(明日の準備、新規の方の準備等)

この合間に、
受診だったり、
車の掃除等の整備、
掃除や環境整備、
DSの手伝い等、
事前面接、新規の方の書類整理、

頭は効率のみを求めてました。

なぜなら、時間内に終わらせる事を求められたからです。

何時までは終わらせてね。
なんでそんなに時間がかかったの?

と言われてしまうからです。

相談しようものなら、

今現場離れられるの?
今来る時間じゃないんじゃない?
現場の総意なの?

これが、分身の術を大真面目に調べた経緯です。

そして辞めていった方の穴が埋まることはありません。

新しい職員が入ってきても、

この施設は初めてなので業務の流れが分からない。
そもそも介護が初めてという方もおりました。

指導もしつつ、時間内に。

疲れもあるし、精神的にもかなりきつい状態で、いつ崩れてもおかしくない状況でしたが、

家族がいたので、何とか持ちこたえようとしていました。

家ではぼんやりとしていて、

心配されましたが、

使命だと思ってしまっていましたし、

辞めたら家族はどうなる?

それが不安で辞めるとは言えませんでした。

ダメだしが多くなる

こんな状況なので、必死です。

何とかして時間内にと思い、

自分で工夫してみるのですが、

なんで今それをやっているの?
それはこうじゃない。
やる時間ないの?

と、ダメだしが多くなり始めます。

何故か?

上司(施設長)はその施設の質を落としたくはありません。

苦情が出るものなら、施設の評価は下がり、
利用者様の紹介も減ってしまうからです。

施設長は

辞めていく職員との話し合いも行い、

運営元があれば、そちらにも報告してどうにかしろと言われ、

職員の確保の為、関係各所へ出向き営業や施設の紹介をする。

当然、板挟み状態であればイライラもしてきますよね。

自分が理想としていた状況とかけ離れていき、

こうしたらもっと良くなるのではと考えますが、

現場が考えた事とは少しズレたやり方をしている。

となれば、ダメだししてきますよね。

どちらもいっぱいいっぱいの状態になり、
摩擦がおきる。

こうして悪循環が出来上がってしまうのです。

すると、

それに反発して、さらに辞める職員が後を絶たない。

残った自分はそれのとばっちり。

良くしようと動いてもがけば、ダメだし。

ここまで来てしまうと、自分が壊れるまでは秒読みです。

辞めたら、残った人に迷惑をかける

必ずこれは思いますよね。

これを思うから辞められないんですから。

大丈夫です。

残った人もいずれ辞めます。

もしくは、

企業なので、全力で立て直しに入ります。

潰したくないので。

残った人はもしかしたら給与upするかもしれません。

何故か?

立て直し時に給与を上げて、新たな職員を確保する為です。

実際、私は辞める寸前に、手当類が格段に良くなりました。

まぁ、有給消費中だったので、全く関係ありませんでしたが。

すると、新しい職員は給与目的で必ず入ってきます。

職員が増えると気持ちが安定するので、

ダメだしが減っていき、残った職員のストレスも軽くなる可能性があります。

なので!

まずは、自分を守りましょう。

あなたが潰れた時、大切な人を守る事は出来ますか?

あなたが潰れた時、施設は責任をとってくれますか?

辞めるだけで、あなたが救われるのなら

今すぐに退職届を書いて渡しましょう。

まとめ

3つが引き起こす最悪のサイクル

職員が辞めていくのが止まらない

仕事の量が増える

上司(施設長、主任)からのダメだしが増える

このような流れになり、

悪循環を生む最悪の流れです。

あなたが勤めている施設がこのサイクルに陥っているのならば、

考える必要はありません。

今すぐに退職を検討、むしろ、今すぐにでも辞めてください。

近いうちにあなたが潰れます。

実際に、相談員が辞めて行く時、

相談員
相談員
次に潰れるのはふわりめいり君だね

と言われました。

あの時はまだ、そんな事はないでしょ。

と考えていましたが、

その言葉通り、

潰れかけました。

その時の精神状態といったら…

ですので、私から言えるのは1つです。

次に潰れるのはあなたです。

だから、

辞めましょう。

では!!