介護職の悩み

介護職の給料の悩みを解決する方法は4つ!!年収100万円アップさせた方法

まだ給料で悩んでるの?

年収を100万円上げるのって本当はすごく簡単なんです。

まだその方法を実践していない介護職の方はより生活に余裕を持たせたいと思っていませんか?

その方法を実践するまでの私も

ふわりめいり
ふわりめいり
給料アップさせてぇ…!!

と常々思っていました。

趣味や家族のために上げたいと悩みは様々です。

そこでこの記事では実際に年収を100万円上げた私が介護職の給料の上げ方をお伝えします。

給料が上がることで先々の不安を少なくできますのでぜひ参考にしてください。

結論は以下のものになります。

  • キャリアアップ
  • 勤続年数を伸ばす
  • 夜勤を多くする
  • 転職する

上記を難易度、即効性、確実性でまとめた表がこちら

難易度即効性確実性
勤続年数伸ばす
キャリアアップ
夜勤を増やす
転職

 

それぞれの方法を解説していきますので、自分に合う給料upの方法を選択し、お金に困らない生活を手にしてください。

それではいってみましょう!!

介護職の給料を伸ばす4つの方法

給料アップ

給料を上げるための方法は以下の4つです。

  • キャリアアップ
  • 勤続年数を伸ばす
  • 夜勤を多くする
  • 転職

難易度、即効性、確実性をまとめると以下の表になります。

難易度即効性確実性
勤続年数伸ばす
キャリアアップ
夜勤を増やす
転職

表の順番で1つずつ解説していきます。

ちなみに私はこれの全てを行い、結果1番ストレスがなく年収を100万円上げた方法が1つだけありました。

早くその方法が知りたい方はこちらをクリックするとページ内ジャンプできますので時間がない方はどうぞ!!

勤続年数を伸ばす

難易度
即効性
確実性

介護職の平均勤続年数は6年ほどとなっています。

介護職平均勤続年数引用:介護労働の現状 厚生労働省

離職率が高い介護職の勤続年数の平均と他産業の勤続年数の平均と比べると約半分近い年数の違いがあります。

つまり、勤続年数による給料アップを実感しないまま介護職から離れてしまう場合が多いということです。

以下の表は平均的となっている介護職の勤続年数とその給料の変化です。

1年目260,420円
2年目268,150円
3年目275,690円
4年目279,750円
5年目286,510円
6年目287,780円
7年目292,390円
8年目299,120円
9年目299,320円
10年目303,060円

引用:平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果

表を見ると上がり方としては大きくありませんが、確実に給料があがっていっています。

10年目の年収は約360万円となります。

少しずつにはなりますが、勤続年数を伸ばすことは誰にでもできる給料アップ方法です。

即効性を重視している方にはおすすめできない方法ですが、将来的に給料アップさせたい方は地道に仕事を続けることで確実に給料が上がります。

キャリアアップ

難易度
即効性
確実性

介護職のキャリアアップの例は以下の通りです。

介護職キャリアアップ例
施設長
管理者
355,425円
相談員321,080円
主任
(勤続10年クラス)
303,060円

引用:令和元年度介護労働実態調査結果について

平均の給料額なのでこれよりも多い場合もあるので、キャリアアップでの給料アップはかなり効果的です。

キャリアアップでの給料アップのデメリット
  • 年数がかかる
  • ポストが空くのを待つ
  • 責任が増していく
最短で管理者、施設長を目指す方法
  1. 1年間、社会福祉主事任用資格取得のため学習
  2. 2年間、相談員業務に従事
  3. 1年間、社会福祉施設長資格認定講習会の学習

計4年はかかります。

さらに現在の施設でその役職を目指すにはさらに、ポストが空くのを待つしかありません。

その上、役職につき、不祥事などがあれば全てあなたの責任となります。

「ただ、給料を上げたい」という気持ちだけでキャリアアップを目指すのは動機と責任が釣り合いませんのでおすすめできません。

そんなことよりも給料アップの方が大事だ。
という方は目指してもいいかと思います。

夜勤を多くする

難易度
即効性
確実性

特別養護老人ホームの2交代制の夜勤手当
  • 最高額8000円
  • 最低額4000円

となっています。

引用:日本医療労働組合連合会 夜勤手当

1回の夜勤での手当になりますので、月5回入った場合、最高額で計算すると月4万円です。

すぐにでも給料をアップさせたい場合、1番即効性がある方法となります。

夜勤を多くするデメリット
  • 生活リズムが崩れる
  • 体調を崩しやすい
  • 責任負担が増える

昼に休み夜に働くことになります。
そうすることで、生活リズムが崩れます。

家庭がある方は家族の時間が取りずらくなり、趣味活動がある方は無理にでも趣味に時間を割いてしまいがちになります。

そうすることで、体調を崩しやすくなり仕事を休まなくてはならなくなる場合もあります。

日勤帯よりも夜間帯の責任は確実に増します。

特に、転倒などの事故やご利用者の急変への対応をしなければならず、初期対応を間違うと責任問題に発展しかねない場合もあります。

給料アップの即効性はあり、効果も絶大ですが、それ相応のリスクもありますのでしっかりと考えてから実行に移すようにしてください。

転職

難易度
即効性
確実性

即効性、確実性が高く、難易度も低めです。

今悩んでいる給料以外の悩みも改善できるのも転職の魅力の1つです。

転職先の給与体系がどうなってるのかを調べるのも重要です。

医療法人社会福祉法人が運営元であれば、公務員の給与体系(俸給表)に基づいて給料を設定している場合があります。

そういった場合の多くは定期昇給、ボーナスといった待遇面が充実しています

一時的な給料アップはもちろん、継続的に給料が上がっていくので金銭面の不安は少なくなりますし、見通しがつきやすいです。

福祉は公共性の高いサービスですので、株式会社といった利益追求型よりも公的事業として運営している運営元の方が安定した給料が期待できます。

転職する時にはそういった運営元をしっかりと確認し、給与体系がどうなっているのかをしっかりと確認することが必要です。

給料アップを達成できた方法

給料アップ方法

私は4つ給料アップ法を全て実践しました。

  • 勤続年数は平均を少し越えた7年
  • キャリアアップで相談員になる
  • スタッフが少なかったので夜勤も多め

この3つは同施設でおこなったことです。

まずは勤続年数ですが、給料の伸びとしてはあまり実感がありませんでした。

ボーナスも出ていましたが、1ヶ月分はなく初任給程度の金額でした。

キャリアアップした相談員では、基本給は5万円程上がりましたが夜勤が外れたためあまり実感なし。

スタッフの人数が退職したことで少なくなり、相談員をやりながら夜勤をした時は少し給料が上がった感触がしました。

上記全てをおこなっても年収100万円アップには程遠いのが現実でした。

最後の転職ですが、こちらが効果絶大でした。

1年目で既に年収100万円アップを達成。

その後も定期昇給がありましたので、給料の額は右肩上がりです。

1番効果を実感できたのが転職でした

同じところで頑張る必要はない

降参

結論は転職したほうが確実に給料が上がります。

以前勤めていたところはブラックと言われる環境そのものでした。

ブラックで自分の将来を良くしようとしても絶対に良くなりません。

実践した私が言うので間違いありません。

だったら、今よりも給料が上がる施設(事業所)へ転職し、また1から頑張る方が圧倒的に楽で楽しいです。

転職は人生を面白いくらいに変えてくれます。

介護職が転職すべき理由をまとめています。
転職に積極的になれていない方はぜひ読んでみてください。

転職すべき理由
介護職が転職を検討すべき理由を解説!!今抱えている悩みが全て解決します介護職の悩みは転職で解決すべきです。転職以外で解決する方法も紹介しますがどちらがいいかはこの記事を見れば一目瞭然!!...

おわりに

介護職の給料の悩みの声は多いです。

しかし、政策で介護職の給料もあがってきています。

今後も上がってくることも考えられますが、給料が低い現状から上がったとしても低いままです。

その恩恵をしっかりと受けるためには給料が高い施設(事業所)へ転職することがおすすめです。

介護職の給料は低いというイメージを自分が抱えていてしまっては変えることができません。

自分から行動し、変えることができる悩みですのでぜひ最良の選択ができることを願っています。

では!!